詳しく調査!妊活に有効なこんぶの栄養と効果は?

詳しく調査!妊活に有効なこんぶの栄養と効果は?

詳しく調査!妊活に有効なこんぶの栄養と効果は?

 

 

妊活中のベビ待ちさん達は、食生活に気を付けて栄養バランスの良い食生活をしていると思いますが、中でも妊活に良いとされているこんぶを積極的に摂られていますでしょうか?

 

 

とろろこんぶは、妊活に効果的で、なんといっても高温期の着床を助ける働きが期待でき、ビタミンEをはじめとする妊活にとって効果の高い栄養素が豊富に含まれています。

 

 

ビタミンEは、強い抗酸化作用によって身体の老化を予防する働きがありますので、加齢とともに衰える生殖機能の維持向上に効果的です。

 

 

また、血行促進や子宮環境の改善などをもたらし、子宮内膜を厚くし着床しやすくするふかふかの状態にすることで、赤ちゃんが授かりやすくする確率を高めてくれます。

 

 

そしてビタミンC、ビタミンCをビタミンEと摂取することでビタミンEの吸収率を高める効果がありますので、ビタミンEの効果を高め、ホルモンバランスの安定といった働きをもたらします。

 

 

とろろこんぶだけでなく、海藻類に多く含まれる食物繊維は、ホルモンバランスの安定や美肌効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

また、便秘を解消し、腸内環境を整える働きがありますので便秘で悩む女性にとって嬉しい食材のひとつです。

 

 

腸内環境が整うことで、摂取した食材の栄養素が身体に吸収されやすくなるというのもメリットですね。

 

 

ひとつポイントは、とろろこんぶということ!とろろこんぶは削られて細かくなっているので吸収率が高くなるのです。

 

 

とろろこんぶは、お味噌汁やサラダでもそのまま食べることができるので便利ですよね。

 

 

でもとろろこんぶにはヨウ素が含まれていますので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

ヨウ素は甲状腺ホルモンを作る成分として大切な働きのある栄養素ですが、妊婦さんの1日のヨウ素の摂取量は2200?までとされ、もし妊娠していた場合、赤ちゃんの甲状腺機能に影響があるとされています。

 

 

この数値を超えて摂取し続けてしまうと、赤ちゃんが先天的な甲状腺機能低下症となるリスクになり、脳や骨の発達に大切な甲状腺ホルモンの分泌に影響を与えてしまいます。

 

 

特に妊娠に気づきにくい妊娠初期は、赤ちゃんの身体が作られる大切な時期なので、食事には注意しましょう。

 

 

こんぶ以外にも、ひじきやわかめにもヨウ素が含まれますので、少し控えめにし、こんぶはだしで摂取するなど工夫も必要です。

 

 

ヨウ素の身体への吸収が心配なときは、大豆イソフラボンと一緒に摂取することで球種を抑えることができますので、妊娠かな?というときには大豆イソフラボンを含んだレシピがおすすめですよ。

 

 

一番大切な赤ちゃんの健康を考えて、妊活料理を作っていきましょう。

 

 

妊活効果を上げるにはサプリが有効。効果の体験談をチェックしてみましょう。

 

 

国産マカサプリの妊活効果体験談