要チェック!しょうが温活で妊活ゴールを目指す方法

要チェック!しょうが温活で妊活ゴールを目指す方法

要チェック!しょうが温活で妊活ゴールを目指す方法

 

 

妊活グッズランキングでも常に上位にランクインしている「しょうが」ですが、妊活女子のバックにはしょうがチューブが常備されているというくらい、妊活の必須アイテムです。

 

 

しょうがには妊活女子の天敵である冷えを予防する効果があり、しょうがチューブを常備しておくことで、オフィスのティータイムやランチなどいつでもどこでも冷え予防をすることができます。

 

 

冷えは身体の血行を悪くし、妊娠しにくくなってしまう原因でもありますが、多くの原因は生活習慣にあります。

 

 

例えば、野菜やフルーツだけ食べてダイエットする・水をたくさん飲む・歩く機会が少ない・お風呂は湯船には浸からずシャワーだけ…ひとつでも心当たりがある方は、冷え性の可能性が大!

 

 

妊活をされている方は、毎朝基礎体温を計っていると思いますが、赤ちゃんが授かりやすい体温は36.5度以上だといわれています。

 

 

日本人女性は冷え性から低体温である場合があり、基礎体温を上げることが妊娠しやすい身体にする方法のひとつです。

 

 

 

 

 

 

体温が高いと、血行も良く身体全体に血流が巡り、妊活に重要な子宮、卵巣にも血流や栄養が巡ります。

 

 

そうすると女性ホルモンが安定し、生理や排卵周期の安定、基礎体温の安定にも繋がり、妊娠しやすい身体のベースが整うということになります。

 

 

私自身、妊活で取り入れた冷え性対策ではしょうがチューブを持ち歩き温かい紅茶などにしょうがをいれて飲む、腹巻やレッグウォーマー、身体を温めるマッサージジェル、半身浴、お灸など、常に身体を温める習慣を身に着けていました。

 

 

すぐにでも始められる温妊活は、しょうがチューブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

〇冷え性の改善

 

 

しょうがの辛味成分、ジンゲロール成分によって血管を拡張し、加熱後のショウガオールという成分で温め効果が生まれます。

 

 

子宮や卵巣を温めて、働きを促してあげることが重要です。

 

 

〇抗酸化作用

 

 

抗酸化作用で老化を防止します。

 

 

年齢を重ねることで生じる卵子の老化、なるべく老化させないために、若返り効果が期待できるしょうがを積極的に摂取しましょう。

 

 

〇免疫力アップ

 

 

身体を温めることで免疫力もアップします。

 

 

免疫力をアップし健康でいなければ、妊活を続けることもできません。

 

 

妊活を効果的にするために、サプリを取り入れる方も多くいますので、その体験談も見てくださいね。

 

 

国産マカサプリの妊活効果体験談

 

 

 

◆しょうがの保存方法

 

 

妊活におすすめのしょうがですが、しょうがチューブは味が落ちるから使いたくない…という方へ、保存方法をご紹介します。

 

 

しょうがってひとつが大きいので使いきれないし、毎回すりおろすのも手間がかかりますよね。

 

しょうがは購入してすぐによく洗い皮のまますりおろし、製氷皿に入れ冷凍するだけで保存することができます。

 

 

私は作ったしょうが氷をジップロックに入れて、すぐ使えるように保存していました。

 

 

しょうが温妊活で、赤ちゃんを授かりやすいポカポカボディを手に入れましょう。