しらすで妊活力アップ?しらすのビタミンDパワー徹底検証

しらすで妊活力アップ?しらすのビタミンDパワー徹底検証

しらすで妊活力アップ?しらすのビタミンDパワー徹底検証

 

 

しらすで妊活生活を充実させる方法、ご存知ですか?

 

 

「え?しらすで?」と思う方も多いと思いますが、「手軽で美味しく妊活する」をテーマにお話ししたいと思います。

 

 

妊活で欠かすことのできないことといえば、基本的な生活習慣の改善です。

 

 

栄養バランスのとれた食生活・適度な運動・良質な睡眠ですが、中でも食生活を改善させることは最も大切なことです。

 

 

食生活を改善して妊活に必要な栄養を摂取することは、妊娠しやすい身体作りやホルモンの分泌に大きく影響します。

 

 

「じゃぁ妊活におすすめの食生活は?」というと和食です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では食生活が欧米化していますが、昔ながらの和食は妊活に最適で、ヘルシーでダイエットにもおすすめで海外からも注目されていますね。

 

 

今の若い女性では、ビタミンやカルシウム、ミネラルなどの栄養素が不足しがちで、特に妊活に大切な役割をもつビタミンDの不足が問題視されています。

 

 

ビタミンDは卵子に影響を及ぼすとされ、30歳を過ぎると卵子の数が激減するというのは有名な話ですよね。

 

 

年齢を重ねると子宮や卵子が老化し、卵子の数や質が低下し妊娠しにくくなってしまいます。

 

 

これを予防するためには、ビタミンDを不足することなく毎日継続して摂取することが大切です。

 

 

ビタミンDは鮭やきのこ類に多く含まれ、サプリメントも販売されていますが、家で手軽に食べることができるおすすめの食材が「しらす」です。

 

 

しらすは、いわしの稚魚で1年を通して美味しく食べることができる食材で、しらす干しを常備されている家庭も多いのではないでしょうか。

 

 

しらすは丸ごと食べることができ、豊富なカルシウムも摂取することが出来るのがメリットですね。

 

 

しらすにはビタミンDやカルシウムだけでなく、ホルモンの安定や老化防止効果のあるDHA、血液サラサラ効果のEPAといった不飽和脂肪酸も豊富。

 

 

亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラルの働きによって免疫力を高める作用も期待できます。

 

 

しらすはパスタやチャーハン、炒め物などどんなメニューにも使うことができるのですが、妊活にぴったりのおすすめレシピをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆しらすピーマン炒め

 

 

薄く輪切りにしたピーマンをごま油をひいたフライパンで炒め、しらすを加えます。

 

 

水を加え、汁気がなくなったら醤油で味付けして完成です。

 

 

葉酸の豊富なピーマンと、ビタミンDとカルシウムが豊富なしらすを美味しく食べることができるレシピです。

 

 

常備菜として、お弁当のおかずとしてもおすすめです。

 

 

美味しい妊活レシピで、ママになるときのために身体作りをしっかりしておきましょう。

 

 

妊活に役立つ下記の記事も見てくださいね。

 

 

劇的改善?国産マカサプリの妊活効果体験談