知っておくと便利!さばの血液サラサラ効果で妊活力アップレシピ

知っておくと便利!さばの血液サラサラ効果で妊活力アップレシピ

知っておくと便利!さばの血液サラサラ効果で妊活力アップレシピ

 

 

さばと言えば青魚として有名ですが、さばは男性、女性ともに妊活力をアップさせてくれる効果があります。

 

 

青魚、とくにさばは青臭くて苦手…という方も多いですが、妊活をされているベビ待ちさんは積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

私も妊活を2年続けていましたが、さばが妊活に効果的だと知ってからは、積極的に食卓に並べるようにしていました。

 

 

我が家はあまり魚料理は食べないのですが、さばだけは特別。

 

 

安いし調理も簡単、味噌煮や煮つけも美味しいですし、お惣菜コーナーにも必ず並んでいますし、最近ではコンビニやお弁当屋さんでも販売されています。

 

 

もし調理をするのが苦手や、お惣菜を購入しない場合はさば缶もおすすめです。

 

 

さばには、有名なDHA・EPAのオメガ3脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)とたんぱく質が豊富に含まれています。

 

 

 

 

 

 

◆DHA・EPA(ドコサヘキサエン酸)

 

 

妊活中は「本当に赤ちゃんができるんだろうか」「痛い治療、毎日の注射、嫌だな」「妊活に協力してくれない旦那イライラ…」と何かとストレスが溜まりがち。

 

 

DHAを摂取することで脳の活性化、脳や神経機能の維持向上に効果的で、イライラを解消してくれる働きが期待できます。

 

 

◆EPA(エイコサペンタエン酸)

 

 

EPAを摂取することで血液サラサラ効果が期待でき、全身の血行促進に役立つといわれています。

 

 

オメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる生活習慣病の予防を行うことができます。

 

 

また、10人に1人がなるといわれている女性の天敵、子宮内膜症がありますが、オメガ3脂肪酸による抗炎症作用により、子宮の炎症を抑え予防する働きがあるとされています。

 

 

いくら妊活に効果があるといってもさばばかりを食べるのではなく、様々な食材と栄養素をバランス良く摂取することを心がけましょう。

 

 

そして食材にこだわりすぎてストレスにならないように、楽しく美味しく食生活を送ることが一番大切ですよ。

 

 

毎回さばを調理するのがストレスになってはいけないので、安くて簡単にできるさば缶を使ったレシピをご紹介します。

 

 

 

 

 

◆さば缶ハンバーグ

 

 

さば缶(水煮)、たまねぎ(みじん切り)をボウルに入れて荒く潰し、その中に醤油、ニンニク、ショウガ、かたくり粉をいれて混ぜます。

 

 

お好みのハンバーグの形に成形し、油をひいたフライパンで焼き色がつくまでじっくり焼きましょう。

 

 

お好きなソースをかければ完成です。

 

 

面倒くさい下処理もいらないし、自宅にストックしておけばいつでも簡単に作ることができる便利レシピです。

 

 

大根おろしで和風バーグにしてもOKですし、豆腐を入れることでカロリーを抑えながらもボリューミーになりますので、男性にもおすすめです。

 

 

赤ちゃんはストレスのない時期にぴょこっと授かったりしますので、妊活中はできるだけ心穏やかに過ごすように気を付けてくださいね。

 

 

妊活のお手伝いをするサプリメントって、効果があるのでしょうか?

 

 

下記の体験談を見てくださいね。

 

 

 

国産マカサプリの妊活効果体験談