妊活に影響のある食事とは?効果的なオススメ食材教えます

えっ本当?妊活中のおやつタイムにお菓子は影響する?

妊活に影響のある食事とは?効果的なオススメ食材教えます

 

 

妊活中のおやつタイムに影響するお菓子、食べて良いものと悪いものがあるのをご存知でしょうか?

 

 

妊活をしていると、「いつ赤ちゃんができるんだろう」「また生理が来てしまった…」とストレスが溜まりやすく、ついついお菓子に手が伸びてしまいがち。

 

 

チョコレートやスナック菓子など、甘いものを食べ過ぎていませんか?

 

妊活中のおやつタイムには、甘いものの食べ過ぎに注意しなければいけません。

 

 

〇妊娠高血圧症のリスクアップ!

 

 

甘いお菓子を食べ過ぎてしまうと血糖値が上昇し、妊娠したときの妊娠高血圧症のリスクが上がってしまいます。

 

 

妊娠したからといって、急にお菓子を食べない生活に戻れるわけではなく、つわりの影響でお菓子を食べないと気持ち悪くなってしまう…と影響が出るケースもあったり、やめられなくなったりという可能性もありますので、妊活期間中からある程度はセーブしておかなければいけません。

 

 

妊娠高血圧症になると、流産や早産のリスクも高まってしまいます。

 

 

妊娠した時のことを考えて、妊活中の今から食生活に気を付け、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

 

妊活についてのこんな記事もあります。

 

 

劇的改善?国産マカサプリの妊活効果体験談

 

 

 

 

〇冷え性リスクアップ!

 

 

甘いお菓子に含まれている砂糖の影響で、一時的な血糖値の上昇が起こり、血糖値を下げようとして身体の中でインシュリンが分泌されやすくなります。

 

 

インシュリンは体温を下げる原因となりますので妊活の大敵、冷え性のリスクが高まってしまいます。

 

 

インシュリンが分泌され過ぎると低血糖になりやすく、身体は低血糖を改善させようと次はアドレナリンを分泌しようとしますが、アドレナリンには攻撃性を高める働きがあり、イライラの原因に繋がってしまいます。

 

 

妊活中はなにかとイライラしやすくストレスが溜まりやすく、それを解消するためにお菓子を食べることでさらにイライラする…という悪循環に陥ってしまうことも。

 

 

 

妊活に影響のある食事とは?効果的なオススメ食材教えます

 

 

 

〇カフェインで不妊リスクアップ!

 

 

イライラを抑える効果があるとされているチョコレート、仕事の合間に一口パクっと食べている方も多いかもしれませんが、チョコレートに含まれているカフェインによって不妊のリスクが高まってしまうことも。

 

 

チョコレート50gには10mg〜30mgのカフェインが含まれており、1日にカフェインを300mg摂取すると不妊率が5割上昇するという報告もあります。

 

 

カフェインには睡眠を妨げる働きもありますので、妊活で質の良い睡眠をとらなければいけない方には、チョコレートの食べすぎはおすすめできません。

 

 

〇ビタミンEで妊活力アップ!

 

 

妊活の必須栄養素といえば、女性ホルモンの質を高めるビタミンEですが、これはナッツ類に多く含まれています。

 

 

妊活中におすすめのお菓子は、おつまみコーナーでよく見かけるナッツのアソートパック。

 

 

中にアーモンドやドライフルーツが入っているものを選ぶと、鉄分なども摂取できますのでおすすめです。

 

 

妊活中でもイライラせずに心がけ、妊活おやつタイムが妊娠に影響のないようにしましょう。

 

 

妊活に影響のある食事とは?効果的なオススメ食材教えます